2012年01月30日

夢の中

L1102300.jpg

手を伸ばせば届きそうな…。
その顔に、その足に触れられそう…。
なのに絶対に触れることができない。

本当にこの部屋に、この場所に、の前にいたのかどうかさえ分からなくなってしまう。
本当にをみて、笑ったりいじけたり、吠えたりおねだりしたりしていたんだろか。

やっくんとの5年間はあっという間で、まるで夢のようでした。
posted by 管理人 at 22:29| やっくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする